【report&photo/イベント&活動報告】

 

【「WE21ジャパンかながわ」様からのご寄付金寄贈のご報告】

HFPFAN3jrは共同で、2012年2月から、マリのNGO「ベンカディ」が運営する職業訓練校にオリジナル製品を発注し、日本で販売するという支援プロジェクトを継続してきました。

これは、緊急事態のみの一方的な支援ではなく、マリの人々とパートナーとして協力し合い、互いの活動を継続して行くことを目的に始められたプロジェクトです。

 

昨年の2013年末には、このプロジェクトを評価して下さった「WE21ジャパンかながわ」様から、61100円のご寄付、募金をいただきました。

 

ご寄付金の運用について、その後、ベンカディの講師の方々、HFPFAN3jrメンバーと話し合った結果、ベンカディの授業で使用する教材用の生地を購入し、学校に寄贈することに決定いたしました。

 

そして、昨年の「WE21ジャパンかながわ」主催の「貧困をなくそうWE講座」にも参加させていただいた、FAN3jrHFPのメンバーである私、高橋が、2014年3月にマリに渡航する機会があったので、メンバーを代表し、ご寄付いただいたお金をベンカディに届け、講師の方々と共に生地を購入し、寄贈して参りました。

 

 

ベンカディは、マリの中央部に位置する、ゆったりと雄大な流れが美しいニジェール川沿いの「水の都」と呼ばれるセグーという街にあります。漁業と陶器の製造が主な産業ですが、マリ最大の繊維工場であり、国内外でも圧倒的なシェアを誇る「コマテックス」の工場があることでも知られています。

 

ベンカディでも、コマテックスで働いていた方が講師として指導にあたっており、毎年、卒業生の何人かはコマテックスに就職しています。

自国の産業が少なく、失業率の高さも問題視され、安定した職業を確保するということが難しいマリにおいて、国内最大の繊維会社に勤めるということは、生徒にとっては大きな希望であり、ベンカディとしてももちろん、生徒の進路として重要視しているようでした。

 

今回の寄贈用の生地もコマテックスで購入したのですが、会社側からもベンカディの活動にご理解をいただき、特別に安価な値段で生地を譲って頂きました。また、通常は、業者や取引先しか、コマテックスの倉庫に入ることができないのですが、以前コマテックスに勤めていたという講師の方の取り計らいもあり、購入の際には、直接会社の倉庫に赴き、講師の方と一緒に生地を選ぶことができました。

WE21ジャパンかながわ」様からご寄付いただきました61100円は、マリのお金ではおよそ250000CFA2014年3月現在のレート)。丁度、この金額で、学校の授業で教材として使用する半年分にあたる量の生地を購入することができました。

生地を選ぶ最中、ベンカディの卒業生であり、現在コマテックスで働いているという女性も挨拶に来てくれ、講師となつかしそうに再会を喜ぶという場面もありました。

 

 

 

10キロもする生地を購入後、それを講師のバイクに積んで(!)、そのまま学校に移動し、生地の受け渡しを行いました。

 

その日は、ベンカディの校長先生は、親戚のご不幸のため不在予定でしたが、私が訪問することを知ってわざわざ出発の時間を遅らせて出迎えて下さり、

 

HFPFAN3jr、そしてご寄付いただいた「WE21ジャパンかながわ」の皆様への感謝の気持ちを、丁寧に伝えて下さいました。

 

 

 

学校の様子は、写真で見ていたよりも生徒の数はずっと増えていて、笑顔が絶えない賑やかな雰囲気でした。学校は3年制となっていて、一年生から順番にクラスを見学させて頂いたのですが、1、2年制はノートの切れ端や、穀物用の袋等を使って練習しており、実際に、布を使うことができるのは3年生からのようでした。生徒達はとても授業に熱心で、講師からの指導をうけるために次々と作業を進めている姿が印象的でした。

 

 

 

クラスの生徒は、10代の女の子から子どもを背負っている母親まで、年齢は様々。中には、自分の子どものためにスリングを縫っている女性もいて、縫製というスキルが彼女達にとって、いかに生活と直結し、必要な技術であるかを伺うことができました。また、授業では、縫製技術だけではなく読み書きも習うことができるプログラムとなっていて、縫製の手順や長さの単位等が全て、黒板に書き出されていました。

 

募金のために、生地購入のコーディネートや学校訪問のアテンドをしてくれた講師のマー先生は、ベンカディの卒業生でした。ベンカディで働くことは、もちろん収入のためでもありますが、自分がベンカディで学んだことを多くの女性たちに伝えたいから、というのが働いている理由だと話してくれました。

 

 

 

マリでは、女性の識字率が18.8%2010INSTATのアンケート)と、とても低いのですが、その理由として、マリではまだ女性の権利が広く認知されていないということが挙げられます。現在でも、マリでは女性の相続権や土地の所有権も認められていません。女性は家事労働の負担が多く、女子は母親の手伝いで学業を犠牲にするため、社会進出もその時点で阻まれてしまいます。女性が、読み書きを覚え、縫製等の技術を獲得し、仕事に就き、現金収入を得ることができれば、配偶者に頼ること無く、自分の手で食料や家族に必要なものを購入することが可能であり、それは、子どもや家族全体の栄養改善にも繋がります。そして、家庭内で自立することができれば、社会における女性の地位向上のチャンスにもなります。

 

 

 

今回の生地の寄贈は、学校の運営維持のため、そして、より多くの生徒が安心して学校に通うことができる可能性を広げることに貢献できたのではないかと思われます。

 

 

 

これがベンカディの生徒達、講師の方々への励みとなり、一人でも多くの女性が縫製の技術を生かし、自立した生活を送ることを期待すると同時に、日本で彼女達の作ったオリジナル製品を販売することで、より多くの人々が、製品を通してベンカディの女性達のこと、マリの状況を知り、アフリカへの理解を深めるきっかけとなることを願っています。

 

 

 

文責:高橋礼子

海のように雄大なニジェール川がセグーの街に流れています
海のように雄大なニジェール川がセグーの街に流れています
まずは講師の方々と生地を購入
まずは講師の方々と生地を購入
NGO「ベンカディ」が運営する縫製職業訓練校の校舎
NGO「ベンカディ」が運営する縫製職業訓練校の校舎
1年生の教室。子連れで授業を受ける母親の姿も。
1年生の教室。子連れで授業を受ける母親の姿も。
2年生の教室。紙袋でパターンを練習中。
2年生の教室。紙袋でパターンを練習中。
ミシン縫いの練習は最初はノートの切れ端で。
ミシン縫いの練習は最初はノートの切れ端で。
学校を代表して、3年生に生地を預けました。
学校を代表して、3年生に生地を預けました。

 

 

 ♪  ♪  

【マリの泥染め体験(2014.8.16)のご報告】

 

 AFRICULTURE主催ではありますが、Harmony for Peaceの泥染め体験としては初の単体イベントとなった今回、それぞれの想いを持った方々に参加して頂きました。

 

 イベント開始時は少々緊張感ある雰囲気でしたが、工程説明が終わって作業に入ると、参加者の皆様もお互いデザインや泥の塗り方などをアレコレ話ながら打解けていきました。そして素晴しい作品が次々と形になって行き、気付けば予定時間を大幅にオーバー。最後は和やかな雰囲気での閉幕となりました。

 

 実のところ、フジロックNGOビレッジ出展でのコンテンツとして2回実施しただけの泥染め体験。しかもフジロックではライブの合間に来られるお客様相手のため、泥を塗るだけの超短時間バージョンで行っていました。
 今回はもっと本格的な体験を提供しようとした初の試みであったが故の不手際もあり、心苦しく思う部分もありました。それでも各々の作品を手に帰路に着かれる時の皆様の笑顔が、『この体験をもっと良いものに育てて行こう!』と言う決意に繋がっております。

 

 今回のイベントはHarmony for Peaceとしても良い経験となりました。参加して下さった皆様、そしてイベントを企画して下さったAFRICULTUREさん、どうも有難うございました!機会がありましたら、また、お会いしましょう。

 

                     2014.8.17     文責:玄太

 

 

 

 ♪  ♪  

 

【フジロックフェスティバル2014  (2014.7.25~27)出展のご報告】

 

 FUJI ROCK FESTIVAL '14が終わりました。搬入/搬出日を含め1日しか雨天がなかったと言う好条件に恵まれ、今年も新たな出逢いと経験をさせて頂きました。NGOvillage及びHarmony for Peaceのブースに立ち寄って下さった皆様に厚く御礼を申し上げます。

 

 

 団体創設の発端となったマリ共和国から視野を拡げ、中央アフリカで医療支援を行っている『アフリカ友の会』と共に臨んだ今回の出展。中央アフリカの現状報告のDVD上映を行ったり、ブース内で色々と話をした結果、中央アフリカ製エコバックを多くの方にお買い上げ頂きました。このことをキッカケに、あまり報道されずにいる中央アフリカの問題に少しでも注目が集まってくれればと思います。

 

 物販と共に好評を頂いたのが、昨年に引き続き行った文化体験でした。コラやムビラ(親指ピアノ)と言った珍しい楽器に驚きつつ音色に聴き入る人、釣糸を張ったコラの弦が大好きな春雨に見えてしまい舐めてしまったお子さん、泥で布が染まる不思議さに興味深々で泥染め体験をする人など、多くの方にアフリカ文化を体験して頂きました。物理的にも経済的にも遠く思われているアフリカを少しでも身近に感じて頂ければ幸いです。

 

 また、ブース内に貼った5色のカバの絵を探し出すお子様向けのゲーム『カバを探そう』では、『見つけ難い所に貼ってあるのでは?』と深読みしてしまう大人より子供の方が速く見つけることがあると言う、興味深い面も見ることが出来ました。ちなみにマリ共和国の『マリ』とは、現地の言葉で『カバ』の意味です。その昔、カバが沢山いたとのことです。

 

 そして今回、Harmony for Peace初のフジロック音楽ライブステージを行いました!と言うと大袈裟になりますが、フジロック会場の端の方にあるバスカーストップと言う『出演者募集』と書かれた看板のある小さいステージにコラと歌で出演し、演奏の合間にNGOvillageのブースの話をさせて頂きました。声援を下さりました皆さま、どうも有難うございました。

 

 

 これからもアフリカを身近に感じて頂けるように、そして世界が平和なるように、Harmony for Peaceは一歩一歩進んで参りますので、どうぞ御支援を宜しくお願い致します。

                           

                     2014.7.29  文責:玄太

 

 

 

 ♪  ♪  

 

【セネガル物語vol.5(2013.11.23)出展のご報告】

 

 Harmony for PeaceはFAN3jrと共同でAFRICULTURE主催のイベント『セネガル物語vol.5』に出展しました。このイベントでは、午前中は太鼓とダンスのワークショップが行われ、午後には初の試みのパネル・ディスカッション、そしてアフリカ音楽コンサートと1日を通して幅広く楽しめる内容でした。


 私達は物販とパネル・ディスカッションで参加し、お客様や他の出展団体と交流をして来ました。Harmony for Peaceとしては経験のないシッカリしたホールで行われたパネル・ディスカッションにおいては、これまでの活動や目的などを話す時間を頂き、たどたどしいながらも団体としての思いを話させて頂きました。

 私達の他にもリユース・リサイクル等で環境破壊や貧困に関する支援を行っている『WE21ジャパンかながわ』さん、セネガルの子供達の教育を支援する『バオバブの会』さん、FGM(女性器切除)廃絶を求めるアフリカの人々を支援する『FGM廃絶を支援する女たちの会』さんの話もあり、とても勉強になる時間を過ごすことが出来ました。そして、他のボランティア団体の活動を知り、自分たちの活動を違った視点から見られるようになる事が、とても大切なのだと感じました。

 

 パネル・ディスカッションで小難しい話が1時間ほど続いた訳ですが、アフリカのイベントと言えばやはり音楽。激しい太鼓のリズムとダンスが繰り広げられ、朝は暖房を入れたいと思ったほど寒かったホールが熱気でムンムンするほど盛り上がり、楽しげな表情で帰路に着くお客様が印象に残るイベントでした。


                          2013.11.24 文責:玄太

 

 

 

 ♪  ♪  

【フジロックフェスティバル2013  (2013.7.26~28)出展のご報告】

 

 Harmony for PeaceはFAN3jrと共同でフジロックフェスティバル2013に出展しました。コラやンゴニの楽器体験と泥染め体験を行うことでお客様に西アフリカの文化に触れて貰い、マリ共和国を知ることで少しでも親しみを感じ、活動に賛同して頂けるようにアピールして来ました。

 

 7/26~7/28の3日間にブースを訪れてくれた全ての人に深く感謝します。多くのご理解と賛同、貴重な出会いと心の触れ合いを有難うございました。そして、ステージでのアピール時に声を上げて反応して下さった方々にも厚く御礼を申し上げます。大舞台に立つ緊張から解き放たれ、アピールする勇気を与えて貰いました。改めて人と人の繋がりの大切さを感じています。

 

 

 今回はHarmony for Peaceにとって初のアフリカ系に限定されないイベントへの参加だったため、お客様の反応は実に興味深いものがありました。見た事の無い楽器、聞いた事の無い布の染色方法、日本には無い柄のグッズの数々。驚いたり、食い入る様に見ていたり、妙にハイテンションになったり…。
 そんなお客様の中に何人かお子様もいらっしゃいました。まだ彼等にはこれらの珍しさが分からなかったと思います。しかし大人になったいつの日か、絵日記か何かでこの時の体験を思い出し、アフリカに想いを馳せて貰えたらと思います。それがその人にとって何かのキッカケになってくれたら申し分ありません。

 

  また、今回のイベントの目玉のひとつでもあったマリ出身のバセク・クヤテ&ンゴニ・バのステージ、殆ど飛び込みのような状態で演奏したHarmony for Peaceのアドヴァイザーも勤めるママドゥ・ドゥンビア氏のステージも素晴しい演奏で、称賛の声を多く耳にしました。
 来年、バセク・クヤテ氏はマリでンゴニ・スクールを開催するとのことなので、興味のある方は是非、参加してみて下さい。

 

 

 さて、Harmony for Peaceは設立から半年が経ちました。当初『何か出来ないか?』と思っていた通り、具体的に何が出来るのかあやふやなまま活動をしていた部分があったように思いますが、今回のイベントで何をどうアピールしようとしているのか、ハッキリ認識出来たと感じています。これもフジロックフェスティバル運営サイドをはじめ、フジロックフェスティバルを訪れる方々の御蔭だと確信しております。有益な機会を与えて下さいまして有難うございました。

 

 Harmony for Peace、平和へのハーモニー。私達の声、皆様の声、世界の声がひとつのハーモニーになることを願っています。そしてこのハーモニーをアフリカまで届けるには、皆様の力が必要です。皆様の笑顔、皆様の心、そして皆さんの声を下さい。皆様の助けをお借りしながら、Harmony for Peaceは更に躍進して参ります。

 

                         2013.8.2  文責:玄太

 

 

 

 ♪  ♪  

【Harmony for Peace Vol.3(13.6.22)のご報告】

 

御多忙の中、素晴しい御話をして下さっマハマン・エルハジ・バニア・トゥーレ大使に厚く御礼を申し上げます。
また、歴史や社会問題に関する難しい内容を非常に分かり易く訳して下さったウスビ・サコ教授にも御礼を申し上げます。
大変、有難うございました。

 

 Harmony for Peace初の試みとなったレクチャーのVol.3。参加者が集まるのか不安を抱えたまま開場時間を迎えました。しかし思っていたより興味を持って下さった方が多く、後半の質疑応答は時間の都合で制限しなければならない状態となりました。お忙しい中、会場までお越し下さった皆様、大変有難うございました。また、イベントの内容やHarmony for Peaceの活動に興味を持ち、取材に来て下さいましたNHK国際放送様にも御礼を申し上げます。


 駐日マリ大使の御話は、マリ共和国の気候や民族移動の歴史に始まり、現在の状態に至るまでを流れに沿って説明した、とても説得力のあるものでした。中には馴染みのない地名等が出て来たり、複雑な民族構成などの話もあったため、私たち日本人にとっては少々難しく感じられる所もあったかも知れませんが、偏りのない視点での説明に充分納得が出来たのではないかと思います。そして、メディアで報道されていることからだけでは問題を完全に把握することは出来ないのだと感じられたのではないでしょうか?

 

 またレクチャーの後、マリに魅せられているHarmony for Peaceならではの短いライブもありました。静かなコラの音と歌声に、フル回転で熱くなった脳をクールダウンして帰路に着いて頂けたのであれば幸いです。


 今の私達に出来ることは、極々小さな支援でしかありません。しかし、だからと言って何もしなければ何も始まりません。そう言った意味でも、日本に望む事として挙げられた
『とにかくマリに関心を持って貰うこと、そして文化交流など人と人の関わりが重要だ。』
と言う大使の御言葉が印象に残ったイベントでした。


                                                         2013.6.24 文責:玄太

 

 

 ♪  ♪  

 

 

外務省主催African Fest 2013 イベント報告】*会計報告はこちら


 2013年5月11日横浜赤レンガ倉庫。

 

 生憎の雨の中で、Harmony for PeaceはNGO団体FAN3jr(ファンサバ・ジュニア)と共同で初めてのブース出展するアフリカン・フェスタ2013が幕を開けました。

 

 悪天候にも関わらず、また翌日の焼けるような陽射しの中、御来店どうも有難うございました。御蔭様で私達の活動に勢いを付けることが出来たように感じています。

 音楽、販売品、ファッションとあらゆるアフリカンで溢れ返った会場で、私達の出展内容は

 

・掲示物(Harmony for Peaceの紹介、活動履歴とその写真、マリ共和国でのグッズ製作風景写真)
・物販(マリ製オリジナル・バンダナ、箸袋、缶バッヂ、シアバター、カリテ石鹸)
・デモンストレーション(コラとンゴニ(マリの民族楽器)の生演奏と体験試奏)

 

の3つでした。

 

 雨の初日こそスペースの都合で思い通りにアピール出来なかったものの、2日目は晴天に恵まれ、多くの方に商品や掲示物を見て頂き、楽器に触れて異文化の感触を楽しんで頂きました。

 

 マリの人々を支援する活動に共感して缶バッヂを購入して下さった方や、アフリカン・フェスタに来た記念にバンダナを購入して下さった方、マリ共和国の現状についての話に耳を傾けて下さった方、珍しい楽器を見たことから初めてマリ共和国を知った方等々、非常に多くの出逢いがあった2日間でした。

 

 また赤レンガ倉庫内に設けられた『Hand in Hand』のステージで行われたMamadou Doumbia(ママドゥ・ドゥンビア)氏のライブでは、コラに合わせて鶴の台小学校の生徒による合唱も行われ、母国マリの平和と人々が手を取り合って協力しようとの願いを込めてMamadou氏が作詞作曲したPeace song from Japan for Maliが披露されました。

 

 人それぞれの好き嫌いがあり、人それぞれの考え方があり、人それぞれの文化があり、それを統一する事など出来ません。

 

 しかし、それらの違いを乗り越えて共に平和を唱える事は可能です。それが『Harmony for Peace』であり、私達の目指しているところなのです。願わくば、私達と共に平和を唱えて頂ければと思います。

 

 生活に音楽を、心に優しさを、世界に平和を ———— Harmony for Peace

 

                        (文責:玄太)

 

 ♪  ♪  

 


 

〜〜〜HFP(Hanirmony for Peace) オリジナルグッズの製作の様子〜〜〜

 

     マリ、セグーの縫製学校でHFPのオリジナルグッズとしてバンダナと箸ケースの縫製をお願いしました。

 

 

     アフリカングッズを取り扱う「アフリカンスクエアー」さんにコーディネイトをお願いし、マリの女性に少ないながらも仕事になる様に発注しています。

 

 

     紛争前は沢山いた生徒さんも、授業料が払えず大勢がやめてしまったそうです。現在はヨーロッパのNGOからの授業料支援が導入され、すこしづつ生徒さんも戻って来ているとの事。

 

 

     箸ケースもバンダナ(大判ハンカチ、お弁当つつみ、ランチョンマットなんでも利用可能です!)は日本のみなさんに使っていただける様に、とても細かいお願いをしたのですが、アフリカンスクエアーの牛尼氏が奔走して縫製のコーディネイトをしてくださいました。出来上がりが届くのがとても楽しみです。

 

 

     みなさんからのイベント参加費、ご寄付、カンパなどで少しでも多く、長く仕事として発注を続ける事ができればと思います。

 

     販売の予定はまた改めてお知らせ致します。楽しみにお待ちください!

 

 

指導者から布の取り方、縫い方などの指導を受け、製作をする女性たち。@マリ共和国中部のセグーという町です。

 

 

 ♪  ♪  

 

 


Harmony for Peace Vol.1 @Carabash Feb. 10, 2013

[Vol.2 のご報告]             *Apr. 7, 2013にupしました

Vol.1を経てスタッフの数も増え、色々な試みが行われたVol.2(Mar. 24, 2013)。お蔭様で無事に終えることが出来ました。

会場となったカラバッシュをはじめ、出演者の皆さん、スタッフの皆さん、有難
うございました。そして何より御多忙にもかかわらず参加して下さ いました
方々の御気持ちに厚く御礼を申し上げます。

この3月で、マリ共和国の紛争の原因となったクーデターから丁度1年が経ちま
した。1分間の黙祷で幕を開けた今回は、生演奏に合わせた絵本読 み聴かせや
ライブペインティングもあり、前回より幅が広いライブパフォーマンスが行われ
ました。また、Mamadou Doumbia氏によるギターを使ったマリ音楽講座(部族に
よる音階の違い等の解説)は大変興味深く、砕けた雰囲気でのQ&Aも含めて大
好評を頂 きました。ちなみにMamadou氏の好きな食べ物は『チェブジェン』と
『牛丼』だそうです。
イベントの後半には、サプライズで出演して下さったTabu Ngongo氏の演奏や、
ライブ中に突然始まったアフリカン・ダンス・レッスンもあり、リラックスして
アフリカ文化と触れ合える楽しい時間を過ごして頂け たのではないかと思います。

こう言った楽しさや感動を伝えられるのが音楽やアートの良さであり、重要な部
分です。しかし紛争が起こると、これらの活動は妨げられ、人々の 瞳の輝きは
消えてしまいます。そして今現在もそんな環境で過ごしている人々が大勢いるの
です。

私達Harmony for Peaceは、例え微力であろうとも皆様の御協力を頂きながら音
楽やアートを通して活動を続け、アフリカへ想いを届けて行こうと思います。も
し宜しけれ ば、この活動に末永くお付き合い頂けるようお願い致します。


◇最後になりましたが、JAZZ TOKYOにVOL.1のレポートが掲載されました。
ご覧下さい。
http://www.jazztokyo.com/live_report/report511.html

*レポート中、映像のご協力をいただきました
ムービープロダクション 合同会社 スペクトル様
http://www.spectre.jp/
のリンク先の記載が漏れておりました。
大変申し訳ございませんでした。ご協力に心より感謝申し上げます。

 

 

       ♪  ♪  

 

 

 

[Vol.1 のご報告]             *Mar. 13, 2013にupしました


Vol. 1は、急な呼びかけにも関わらず、50名余りの参加、出演協力、ボランティア協力のみなさんがカラバシュに駆けつけてくださいました。

 

お忙しい中、ご参加下さいました皆様、本当にありがとうございました。

演奏、スピーチ、記録映像、音響関係、物販での文化紹介、運営などなど、
皆様のご参加とご協力により、音楽・アートを通した平和へのアピールの場、
第一回目を無事終える事ができました。

音楽やアートを通して紛争に巻き込まれ困難な状況にある人々に、どう協力し、どう寄り添って行けるか、考えるきっかけ、第一歩を踏み出せたのではないかと思います。

 

このイベントが出来る事は微力です。それでも、心で感じる音楽やアートが日本の皆さんに紛争地の状況を知るきっかけになり、言葉や国境を越えてマリの人々に届く事を祈りたいと思います。

 

皆様のお気持ちとメッセージ、ご寄付がマリの人達の一助になる事を祈り、皆様のご協力に心から感謝を申し上げます。

 

 

【寄付先について】

2013年現在、紛争は次第に終息しつつあるとはいえ、医療従事者も避難した後には紛争で傷ついた人々だけではなく、避難できなかった人々の治療が課題となっているという状況もあるようです。

 

実行委員会で協議しました結果、中立な立場で主に紛争地帯での医療活動を続けている「国境なき医師団」に寄付する事と決定いたしました。

(参加費の経費を除いた金額、ご寄付、カンパ金)

 

【会計報告】

こちらからご確認下さい。

 


【メッセージ】
http://www.facebook.com/harmonyforpeaceafrica
皆様からの暖かいメッセージはこちらにupしております。
後日、フランス語に翻訳し、多くのマリの方に届けられるようにしたいと思います。
ありがとうございます。


【今後について】
本イベントは継続的に開催し、マリを含め、
アフリカの多くの地域で続く紛争についても
機会があれば取り上げて行ければと考えています。

その為に、実行委員に加わってくださる方も大歓迎です。
是非ご連絡ください。

Harmony for Peace実行委員会一同